単身赴任には嬉しい部下の女体

 部下の歩美ちゃん、決して美人じゃないけれど爽やかさんで、朗らかな可愛さと気さくな性格の27歳、まだ独身だった。単身赴任中の俺は当時41歳、妻とは週末しかセックスできなかった。

 そんな俺のアパートにあがりこんだのは飲み会の後、彼氏と別れた話を聞かされた。酒のせいもあって、自然とキス、そのまま下半身だけ脱がせて交わった。職場では見せないヨガり顔、職場では聞くことのない喘ぎ声、あの卑猥な腰の動きはとても歩美ちゃんとは思えなかった。



【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 一度抱いたら癖になった。歩美ちゃんに誘われてラブホでセックス。今度は全裸でCカップはありそうなパイオツと、27歳の少し色付いたマンコを味わった。獣のように、ただ快楽を求めて、普段爽やかさんの歩美ちゃんを淫女に仕立てた。

 電マで蹂躙して気絶もさせた。約2年、淫臭だけを漂わせて情交を続けた。昨年3月、俺はその営業所から家族の待つ地元へ戻った。そして昨日、あゆみちゃんから1枚のはがき「私達、結婚しました。」微笑む30歳のあゆみちゃんの隣には、大人しくてお人よしの信二君、彼、歩美ちゃんの事好きだったんだ。

 おめでとう歩美ちゃん、そしてごめんね信二君。やりすぎて歩美ちゃんのオマンコめくれちゃった。


↓他のHな体験談を見る