女の営業は体を求められるんですね・・続き

 この前の社長に、呼び出されてしまいました。今度はもっと買ってあげる。来ない場合には、今後の取引はないよと言われ、仕事を失いたくないばかりに社長の元へ行ってしまいました。

 会社につくと、社長は、重要な話があるから、こちらから連絡するまで電話等は、とりつがないように男性社員に伝えていました。男性社員がニヤニヤしているような感じがして、少し怖くなり帰ろうかともしたけど、やはり断れなかった。




 ソファ-に座らされるなり「よく来てくれたね。最後まではしないから安心しなさい。」と言われ、ブラウスを脱ぐように指示されました。自分で脱ぐと、あっという間にブラも外されました。社長は「やはり若い子の胸は張りがあるな」というと、私の胸をもみ、乳首を吸い始めました。

 社長は、しばらくづっと吸っていました。冷静だった私は、いい大人のはずなのに赤ちゃんみたいだなと少し思いました。しばらく胸をもてあそばれた後、スカ-トを脱がされ、下着に手をかけられました。「この前はよく見えなかったからな」社長はそう言うと、ゆっくりと私の下着を下ろしました。

 明るい部屋で社長に女の大切なところを見られ、私は恥ずかしくて両手で顔を覆ってしまいました。社長は、「恥ずかしがらなくていいから」というと、私のあそこに顔を近づけ、舐め始めました。生まれて2回目のクンニ。だんだんピチャピチャという音が大きくなり恥ずかしかった。

 でも、はしたないようだけど、気持ち良かった。前の彼の顔が頭に浮かび、好きな人にこういうことされていれば、女として嬉しかったかもと思ってしまいました。社長は途中から膣の中にまで舌を入れてきて、少し痛かった。

 しばらくその行為が続いた後「今度は交代だ」というと、大きくなった男性自身を出し、私に手でしごくように言いました。私が、しばらくしごいていると、今度は口でするように言われました。

 もう断れないのはわかっていたので、恐る恐る顔を近づけました。ムッという臭いがしましたが、口に含みました。すごく苦しかった。社長に頭を持たれ、無理やり口の中に出されました。終わった後、今日は5台買ってあげるからと言われ、

 これで今月も会社を首にならないですんだと思いましたが、その場を離れた後、女を利用しての営業に悲しくなり、自分が情けなくなり涙が自然と出てきました。


↓他のHな体験談を見る