腰に硬いものがあたったのがキッカケ

 初めはなんとも思って無かったんです。それが・…私が洗い物をしていた時、上にあった物を取ろうとした彼のアレが私のお尻に押し付けられたようになり、私がキャッ!!って声が出てしまい、それが硬い棒のよなもので…

 驚いて声が出てしまい、ゴメン!!そう言ってその時は終わったのですが…主人のセックスでは今までに一度も逝った事が無かったんです。いても演技で逝ったふりをしていました。



【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 仕事が終わって家に帰り、ベッドに横になって、自然に妄想して、主人のより硬い大きそうでした。パンティに手がのびて、彼のアレでバックから、おもいっきり突かれたら…想像しただけで…

 私のアソコは大洪水!!クリトリスをつまんで、もう片方の手で中に、指を一本、二本、彼のは三本でも足りないかも…私のアソコは裂けしまうかも…私は逝ってしまいました。

 二日後彼の休みの前の日に、相談したいことが、そう言って飲み誘っていました。30分ほで酔っちゃったそう言って彼の肩にもたれ掛かり、しっかり手が彼のアレの上に、思った通り!!いえそれ以上です!!

 私はO.K.のつもりで、主人の前でも着けた事のない、真っ赤なブラジャー、ハッキリわかるような白のキャミソール、ブラジャーと、おそろいのTバックにミニスカート…彼のアレが大きくなって膨らんでいるのがわかりました。

 私は直ぐ欲しくて仕方ありませんでした…私の方からホテルに連れてって言っていました。



↓他のHな体験談を見る