下ネタ全開のとんでもない奥さん!

 会社の他店舗交流の食事会であった他人妻との話。2店舗合同でお好み焼き屋で飲んだり食べたり。皆酔っ払って酷い有様。ガテン系は酔うとやっぱり酷い(>_<)下ネタ全開!そんな男達を遥かに凌駕する奥さんがいた。

 千尋さん。グラマラスな色気のあるすれ違う男腹が振り返る女。男達の感心は千尋さんの性事情。「千尋さんっ!最近いつヤッたんすか?」「最近?土曜、日曜のどっちかは必ずヤッてるよ!」「お盛んっスねっ!」




「いや、いや、普通でしょ!週2はヤラないと我慢出来ないよ!ケンちゃんは彼女とはどの位?」「いやぁ~、週1回あればいい位ですよぉ~、千尋さんみたいにグラマーじゃないから!飽きてきちゃいますよぉ~」

「彼女可哀想~、店長は?」「俺は彼女いない・・」「・・ゴメン!」一時皆さん沈黙・・「よかったら、今度相手しようか?内緒で!」「マジっ?」「俺もいいっスか?俺もっ!」皆手を挙げ立候補・・

 下ネタってゆうかこうゆう話が苦手な俺は席を立ち帰ることに・・店長始め、皆に挨拶し店を出る・・千尋さんが追って来た。「どぉしたの?楽しくなかった?」「いやぁ~、どうも苦手なんですよ(>_<)飲み会とかって!だから帰ります!お疲れ様でしたm(_ _)m

「ゴメンねっ(>_<)嫌な思いさせちゃったね(>_<)」「ほとんど何も食べてないし・・」「別に大丈夫ですよ!どっか寄って食って帰ります」「そっか・・うぅ~ん、どぉしようかな?」「いいや!ちょっと車で待って!」店に戻る千尋さん。

 車で待つこと30分位「帰るって行って来た!ご飯付き合うよ!」「別に気を使って貰わなくても大丈夫ですよ(>_<)」「いや、いや、あのまま飲んでたら誰かと寝ちゃいそうだから・・」「飲み足りないから、お酒飲める所がいいんだけど・・○民いかない?5時までやってるし」「まだ飲むんスか?」「当たり前!さぁ行くゾっ!」○民に到着した。平日の夜中2時位なのもあってガラガラ。もくもくと俺は食べ、千尋さんはもくもくと飲む。ほぼ会話はなし。

「スギちゃんてさぁ~、無口だよね?あたしのこと嫌いでしょ?仕事の時も喋んないもんね!」「嫌いな人とは飯食べに来たりしないっス!」「じゃあ好き?」「だぁ~かぁ~らぁ~、こんなことばかり言うから酔っ払いは嫌いなんだよ!」

「黙って飲んでて下さいよっ!」・・不穏な空気が流れる・・「ゴメンなさい、そんなつもりで言ったんじゃないのにゴメンなさい・・」下ネタの後は泣きですかっ!「こっちこそすいません!どぉも酔っ払いは嫌いなんですよね・・千尋さんのこと嫌いじゃないですよいつもは飲み会誘われても行かないです!今日は千尋さん来るから無理して来ました。でもやっぱり酔っぱらいは嫌いです!」

 また沈黙・・すると千尋さんが隣に座った。「あたしねっ!スギちゃん好き!いつも仕事で助けてくれるし、頼れる・・」「スギちゃんの手好きなんだぁ~、筋ばってて男の手・・」「皆一緒な手してるでしょ!」

「なぁ~んか冷たいよね!いっぱいアプローチしてんのに!」今度は千尋さんが怒りモード。「ぶっちゃけていい?あたしねっ!スギちゃん早出の時はいつもより早く出勤してんだよ!」「お昼ご飯一緒に入れる様に・・・スギちゃんの話す車とかバイクとか釣りとかの話聞くの好き!」

「女がさっ!勇気出して言ってるんだから答えてよ!嫌いなのっ?ハッキリ言ってよ!」「好きですっ!」「・・やった・・言わせちゃった・・何処が好き?女として?同僚として?」「何処がって・・香水の匂いとか・・おっぱいデカいし・・」

「えっ!やっぱり乳かっ!みんなおっぱいだよ!」「まぁいいや!じゃあ付き合おうねっ!」「えっ!だって千尋さん、旦那・・」「関係ないよっ!バレなきゃOK!」「はいっ!決まり!じゃあ事実関係作るよっ!キスしてっ!」目をつぶり、俺の前に顔を突き出す。

 チュッとキス。「ウフフ、やった!チュ~しちゃった!」「これからよろしくお願いしますm(_ _)m」なんだかんだで酔った勢いで付き合うことになってしまった!手を繋いで店を出て帰宅。付き合うことになったが普段と変わらず・・仕事。

 一ヶ月位経ったでしょうか?出勤し、ロッカーで着替えていると千尋さんが入って来た。「ねぇ、いつになったらデート誘ってくれるの? あたし達付き合ってるんだよねっ?」「あの話マジなんですか?」

「冗談だと思ってたの!最悪!もぉいいや!誘ってくれるの待ってたら何時まで待ってもダメだっ!次のスギちゃんの休みデートねっ!あたしも休むから!決まり!じゃあねっ!」仕切られ待ち合わせ場所、時間を決められデート決定!デート当日待ち合わせし出発。

「何処行きます?」「えぇ~、決めてないのぉ~?ダメだよっ!こうゆう時は男が決めないと!」「うぅ~ん・・カラオケでも行きます?」「ダメッ!仕切って!ます?とかダメッ!」「そぉゆわれても・・」「もぉいい!今日はホテル行こっ!このままじゃいつまで経っても求めてこなそう!そこの信号左ねっ!

 千尋さんのナビでラブホへ。「ここ、中綺麗だからここにしよっ!」中に入っても千尋さんがリード。「はいっ!シャワー浴びてっ!」「あたし、後から行くから待っててねっ!」「はいっ!お待たせっ!体洗ったげるからこっち向い てっ!」「よしっ!OK!お風呂入って!」湯船につかると千尋さんが抱きついて来てキス。

「うぅ~ん、うぅ~ん。」呻きながら舌を入れてくる千尋さん。「んっ?大きくなってるのがあるよっ・・ちょっと立ってみ?」「んふふぅ~、起ってる・・舐めたげるねっ!」チンポを握り、先っぽにチュッとキス。

 舌をはわせ、チロチロと舐め、パクッと咥え前後に動く。「ちょっとぉ~、ちゃんと舐めてる顔見て!気持ちいいでしょ?オマンコはもっと気持ちいいよっ!」ジュボジュボ音を立てチンポをしゃぶる千尋さん。ペッと吐き出す様にチンポから口を離し立ち上がる。

「ちょっと挿入ていいよっ!」お尻を突き出す。一気に奥まで突き刺す。「うぉっ!来たっ!どぉ?あたしのマンコいいでしょ?みんないいって言うんだぁ~。」「ヌルヌルして気持ちいい・・」「そうでしょ?えへへぇ~、突いていいよっ!」理性が吹っ飛びバックでガン突き。

「アンッ!アンッ!いいよっ!おっぱい揉んでっ!そうっ!気持ちいいっ!ねぇっ!耳たぶ噛んでっ!いいっ、いいぃ~、」「出ちゃう・・出ちゃう!」「えっ?出ちゃうのっ?じゃ、ベッドでしよっ!最後までっ!」千尋さん自ら合体解除し、お風呂を出る。

 サッと身体を拭きベッドで股を開く。「来てぇ~、今度は我慢しないで出しちゃっていいからねっ!」また合体。「ハンッ!ハンッ!」おっぱいに顔を埋めてひたすら腰を振る。「乳首噛んで!」突きながら乳首をコリコリ噛む!

「それ好きぃ~~、もっと噛んでっ!片っぽ抓ってヒィ~、気持ちイヒィ~、狂っちゃう!狂っちゃうぅ~」「ネェ、もうすぐ出る?もぉダメッ!早く出してっ!奥でっ!ちょうだいっ!」「出来ないっ?」

「ハァハァ、何がっ?アッ!アッ!アンッ!」「子供っ!」「知らないよっ!分かんないっ!でも気持ちいいのっ!どぉでもいいっ!あたしイクから一緒に出してっ抜いて外に出す余裕がなく中出し。

「気持ち良かったぁ~、スギちゃんも気持ち良かったでしょ?あっ!彼氏をスギちゃんていっちゃダメだねっ!今日から名前で呼ぶよっ!あたしのこと千尋でいいからねっ!」濃厚な一発でした。

 終了後のピロートークにて「あたし達相性いいよっ!あたし手フェチでけっこう手で男選んでんの!好みの手の人ってチンポも好み・・」「これからもよろしくねっ!」終わり・・



↓他のHな体験談を見る