会社の男の子マッサージされましたが

 先日、後輩の男の子と二人で残業することになりました。最近肩凝りがひどい私が、PCを打ちながら肩を叩いたり首を回したりしていると「僕、マッサージ得意なんですよ」と、後輩クンが言ってきて、頭痛がしてくるぐらい辛かったので「じゃあ、ちょっとお願い」と頼みました。

 得意と言うだけあって、ツボをいい具合に押してくれて、とても気持ちよかったです。後輩クンは「うわ~、ガチガチに凝ってますね~」などと言いながら、肩や首を揉んでくれました。



【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

「PC使ってると、腕も凝るでしょ」と腕も。手首の方から二の腕へ、そして脇に手が伸びてきて、ちょっと焦ったのですが、「どうです?気持ちいいでしょ?」という言葉の通り、全身が温かくなってくるようで、身を任せてしまいました。

 脇の下から、デコルテの方も押されてながら、後輩クンの体が密着してきてるのを感じました。「胸も凝ってますよ」と耳元で囁かれて「ダメよ・・」と言ったけど「先輩、Eはあるでしょ?」と触ってきます。

 唇が耳に触れて、ゾクゾクッとしました。「や、やめて。仕事しなくちゃ」と言ったら「そんなの続けられるわけないだろ」と強い口調になり、ブラウスのボタンを引きちぎりました。

 思わず叫ぶと、頬にビンタ。さっきまでの優しいマッサージが嘘の様です。椅子から転げ落ちた私に覆い被さり、机の脚に渡すように手首をネクタイで縛りました。

「これで逃げらんないよ。ずっと先輩のこと裸にしたかったんだ」ニヤリと笑いながら、スカートを脱がし、ストッキングとショーツをハサミでズタズタにしました。オフィスの床の冷たさに鳥肌が立ちます。

「先輩、いい格好だね」と言いながら大事な部分に触ってきました。「なんで?襲われてるのにヌルヌルしてるよ?」「後輩にこんなことされて、感じてるなんて変態じゃない?」「先輩レイプ願望があるんじゃないの?」耳を舐められながらそんなことを囁かれ、恥ずかしくてたまりませんでした。

 ブラウスをはだけ、ブラの中央にハサミを当て、谷間を何度もハサミで撫でられ「や、やめて、怖い・・」と言うと「騒ぐと、切っちゃうよ」と言いながら、ブラの中央や紐を切り、腕にまとわりつくブラウス以外は素裸にされました。

「やっぱり大きいオッパイだ・・」と、強く吸い付かれて、歯を立てたり、舐めたり、もう片方は指で強く摘んだり、ねっとりと転がしたり、私は喘ぎ声が止まらなくなりました。

「先輩、いい声させるじゃん」私の脚を大きく広げながら、今度はあそこに舌が絡みついてきて出し入れされると、身をよじりながらイッてしまいました。「もうイッちゃったの?じゃあ俺も」と、パイズリをされ、顔にかけられました。

 茫然としている私の手首からネクタイを解きながら「先輩、これからもよろしくね」と言われました。その言葉通り、ロッカーで下着を取られてノーブラノーパンで仕事させたれたり、男子トイレでフェラさせられたり・・でも肩凝りが酷い時はマッサージもしてくれます。パイズリだけで入れてはくれませんが・・。



↓他のHな体験談を見る