女って不思議で見せる事に快感を

 私は当年で54歳、身長167㎝、お肉は弛みお腹は出ていてとっても、他人に見せることのできるヌードではありません。子供も二人もうけてもう独立していて、家事以外は自分の趣味の時間に当てています。

 主人とはセックスも月一か二程度でそれもおなざリ状態。ある夜に友人と二人で夕食を共にしました。飲むほどに酔うほどにテンションが上がってきて友人は「うちの主人たら貴女のこと素敵だ素敵だというのよ。」其の上「一度抱いてみたいみたいなんてね。」



【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 私もこの歳になって、まだ他の男性からそんな目で見られていたことにちょっと興奮しました。乗ってきた友人は「ちょっと、今度4人で飲まないこと。すぐにスワッピングというのではないけども。」ということになりました。

 間もなく、その機会がやってきてやはり飲むほどに酔うほどに男性たちは「最初にすぐというのは抵抗があるかもしれないから、ヌードショーというのはどうでしょうか。」ということになりました。

 スケジュールなどは後日ということになったのですが、その後に友人から電話で「実は主人がうっかり知り合いの歯医者にそのことを話したら、その歯医者が是非にうちも加えてくれとその奥様がおお乗り気なのよお。」
かくて、三組熟女三人のヌードショーがホテルの一室で催されることになりました。

 私もきわどそうな下着を付けそれらしいミニスカで出かけました。皆で歓談、酔いが回ってきたときに歯医者の奥様が「では私から始めるわね。」するとご主人が用意してきたカセットデッキから小型のスポットライト、デンマ、バイブなどなどをベッドの上に並べました。

 部屋を暗くしてそれらしい音楽が始まると真っ赤な下着にベビードールを纏って登場です。ご主人がスポットライトを当てます。奥様は服装の上からは小太りのごく普通のメガネを掛けた熟女様なのですが、ところがどうしてベビードールを取ると固太りのオッパイが張っていてお腹もそれほど出ていません。

 私より年上のはずなのですが、十分に男性を楽しませるお身体です。ブラを取りオッパイを揺すり持ち上げ乳首を引っ張りなかなかプロはだしの演技です。パンティを取るとオマンコの毛は綺麗に剃ってあり縦筋がはっきり見えてこれがまたひどくエロチックです。

 ベットに上がり股を大きく広げてオマンコを男性に見せびらかします。ビラビラを拡げて大きくなったクリを指でなぞったり、デンマを使ったりデルドを入れたりして本人も十分に堪能し楽しんでいるようです。

 主人も他の男性ももう声も出ないほどに我を忘れて身を乗り出して見入っています。最後に私の番が回ってきました。ストリップショウまがいのことなど主人の前でも全くの未経験。ましてそれらしい踊りなどどうしてよいのやら皆目見当もつきません。

 すると歯医者さんが「自分が一番したいことをするといいのですよ。」一応はトップレスのブラとテイバックのパンティは履いてみたのですが顔が火照って皆の前に出る勇気がでません。オッパイをおさえておずおず出ていくと友人のご主人から「よっ、待ってました。」と声がかかりました。

 音楽に一応あわせて腰をふりふり、手足をばたつかせてみます。女って不思議で自分でも驚くくらいなのですが見せることの快感に酔ってしまうのです。当然オマンコはもうジュースでいっぱいです。

 私のオッパイはさほど大きくなのですが乳首が勃起すると他と比べて3倍くらいになるのです。「こりゃ刺激的な大きな乳首だあ。」「あっ」またまたオマンコに電流が走ります。テンションが上がってきてブラを取り、パンティを脱ぎました。

 オマンコの毛には白いものが混じっているのでこれは剃ってきた方がよかったのかとも思いました。オマンコを拡げて見せるほどの開き直りにはなりませんでしたが、私の人生最初のヌードショウはまあまあ成功かなあああ??不思議なことに次回が楽しみになっています。



↓他のHな体験談を見る