SEXが大好きなエロエロ主婦です

 私の名は久美28歳の主婦です。私の初体験は、高校2年の時それから、大学生、OLそして結婚後も、多くの男性と経験してきたんです。主人はとても優しいのですが、仕事熱心で、私のことをかまってくれないんです。

 それに私、男性から言い寄られると断ることができず、Hしちゃうんです。それに感じやすいタイプで、SEX依存症なのかもしれません。そんな私の男性経験をお話しします。私は高校時代、女子高のバレーボール部に入っていて、セッターで副キャプテンなんです。




 新チームになっての高校2年の夏、バレーボールの試合の帰り「平野さん」て呼ばれ、振り返ると、いつも、学校の行事とかで写真を撮ってくれている30代くらいのカメラマンの方でした。

「今日の試合、よかったよ!」「ありがとうございます。」「平野さんの活躍していた写真も取っておいたよ。できたら見せてあげるから」と言って、名刺をいただきました。その名刺には「渡辺写真館(フリーカメラマン)渡辺 薫」と書かれていました。

 一週間後、学校からの帰り、カメラマンの渡辺さんに会ったんです。「あれ、今日はもう練習終わり?」「ええ、午前中しか、体育館が使えないんで、午後からの練習は中止なんです。」

「あ、そうだ。この前の試合の写真、見せてあげるよ。」と言って、数十メートルほど離れた「渡辺写真館」というお店に案内されました。見せてくれた写真、私の写真ばかりなんです。それも、大きな胸や太ももあたりを集中的に撮られているんです。

「君はなかなか良いモデルになれるよ。今から、少し写真撮らせてくれないか。」と言われたんです。なんだか恥ずかしくって、断ったんですが・・どうしてもと頼まれ、ちょっとだけならと思い、写真を撮ってもらうことにしました。

 お店の奥には、ちょっとしたスタジオがあって、いすに座ったりして、制服姿で撮ってもらっていたんです。こ気味よいシャッター音を聞いていると、だんだん気持ちがよくなってきて「もう少し、セクシーなポーズを撮ろうか?ブラウスのボタンはずして?」

 どうしようと思っていると、連続したシャッター音がして、いつの間にか指がブラウスのボタンを外していました。ひとつ、ふたつと、前がはだけ、後は、カメラマンの渡辺さんの指示されるまま、ブラウスを脱ぎ、スカートのファスナーを下ろし、ブラとパンティーだけになっていました。

 ブラとパンティだけで写真を撮られていたんですが、「君だけ、脱がせちゃ悪いから、僕も脱ぐよ」とTシャツを脱ぎ、Gパンを脱いで、黄色いビキニパンツだけになっちゃたんです。

 色黒で筋肉質、細マッチョなんです。「君もブラ取ってみて」躊躇していると「僕もすべて脱ぐから」とビキニのパンツも脱いで、黒くて・・すごい存在感のあるものが出てきてたんです。中学生の時に見た同級生の男の子のものとは全然違うんです。

「男の人の物、初めて見たの?」首を振りました。「男性経験は?」「・・ないです。」小さな声で答えました。渡辺さんの言われるまま、ブラのホックをはずして、両手で隠していたんですけど「その大きなおっぱいを見せて」と言われ、下を向きながら手を下ろしました。

 その瞬間、シャッター音が連続し、いろいろなポーズで写真を取られました。四つん這いになっていると「パンティも取ろうか」と言うと、後ろからパンティを下ろされ、脱がされました。後は、もう彼のカメラのシャッター音に犯し続けられました。

 足を広げ、椅子に触らされたんです。「自分で、クリちゃんをいじってごらん。」首を横に振ると…彼の手が、指が…一番敏感なところに触れたんです…体が、大きく弾み…感じるんです。体が熱くほてってきて…ただ彼にしがみ付ているのが精一杯です。

 彼の手が私の右手をとって、あの彼の黒い男性器を握らせたんです。凄く硬くて大きいんです。「入れてみようか?」「…無理です…」「大丈夫だよ…ネ!」拒否することも…断ることもできないんです。

 彼のされるがまま…スタジオの床に横たわらされたんです。「記念すべき久美ちゃんの初体験を撮っておこうか」と言って、三脚で固定された何台かのカメラ、ビデオカメラをセットしていくんです。

 もう撮られることに、何の抵抗感もありません。逆に、快感に感じるんです。「男の人と経験したら、もっと女性らしくなって、綺麗になるよ」そう言って、首筋にキスをされ、左胸を彼の手で包み込まれ…もうされるがままに…彼の体が覆い被さってきたんです。

「行くよ」ゆっくりと彼の体が沈んできます。「うーん、あっ」何か熱い生き物が、私の中に侵入し、体全身の力が入りました。彼が私の体をぎゅっと抱きしめ、「大丈夫?」と言ってくれたので、

「うん、大丈夫」その後、ゆっくりと彼の腰の動きに、今まで経験したことのない感覚が全身にめぐっていきます。初めてなのに感じてきて、そのうち彼の動きが早くなり、彼の体にしがみつきました。

 そして急に彼の体が飛び起き、私のお腹上に熱いものが飛び散りました。彼は、ティッシュでお腹の白い液体を拭きながら「どうだった?」涙が出てきて…答えられず…「また会ってくれる?」思わず、うなずいてしまいました。

 それから度々、学校からの帰り、写真館で女性の喜びを教えてもらったんです。そんな彼も、私が高校3年の春、世界各地を飛び回って写真を撮りに行くことになり、私の処女をささげた男性とお別れしたんです。



↓他のHな体験談を見る