義母がアッチの世話もしてくれました

 俺は25歳の会社員、妻の明美は23歳で臨月を向かえてます。義母の美緒は45歳で専業主婦です。先日妻が産気づき産婦人科に入院しました。義母は俺の身の廻りのお世話をしてくれました。

 炊事洗濯掃除を妻の代わりにしてくれました。義父は単身赴任中で俺は義母と一緒に夕飯を摂りました。お義母さん、いつもありがとうございます。明美が居ないと色々大変でしょ、こんな事位しか出来ないけどね。



【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 お義母さんもう一つお願いがあるんですけど…何?言ってみて、私に出来る事かしら?あの、僕のオナニーを手伝ってくれませんか。溜まってて…えっ、う~んそれは…俺は義母の前でチンコをしごいて見せた。

 私、主人と何年もして無いから、どうしたらいいの?俺はしごいて舐めて欲しいと言いました。俺は義母の手を取り寝室に行きました。義母は凄くエロい身体をしていて、顔は美形、初めて会った時義母を抱きたいと思ってしまいました。

 俺は義母を抱き締めて動揺している唇を塞ぎました。義母の口中に舌を入れると義母は舌を絡めて来ました。俺は義母の服を脱がしました。エロい身体を見て俺はフル勃起してしまいました。ブラを外しEカップはあろう胸を揉み、舐め回し、乳首を吸いました。義母は甘い吐息を出しています。

 ベッドに寝かし愛撫してパンティを触ると濡れていました。お義母さん濡れてますよ、感じやすいんですね。隆さん、やっぱり駄目よ、明美に悪いもの、やめましょう。もう、ここまで来て我慢出来ませんよ。

 俺はパンティの中に手を入れ、オマンコの中に指を入れ掻き回してやると、身体を弓なりにして感じていました。口に手を当て声を押し殺していました。パンティを脱がし股を広げオマンコを見ると膣口はパックリ口を開けていました。クリを甘噛みすると白濁の本気汁が出て来ました。

 指を3本入れオマンコを掻き回すと身体をピクピクさせて喘ぎ声を上げ、潮を噴いていました。お義母さん潮噴いて厭らしい女だ。隆さん言わないで…今度は僕を気持ち良くさせてよ。義母の手を取りチンコを握らせしごいてもらいました。

 チンコから先走り液がタラタラ出ていました。さあ舐めて!義母は咥え舌をチンコに絡め舐めて来ました。すげぇ、風俗嬢より上手い、気持ち良すぎ!俺も義母のマンコを舐め回した。

 義母の身体は準備万端、激しく手マンしてやり興奮させた。手を止め、また始める。逝きそうになり止める。三度も繰り返すと隆さんもう逝かせて…じゃあどうすればいいの?入れて…聞こえないなぁ、何て言ったの?

 隆さんのペニスを私のオマンコに入れて…とうとう言わせた。義母を征服した。俺は身震いした。ゴムなんてありゃしない、生でぶち込んでやった。アアン、隆さん、気持ちいい、あああ…オマンコ気持ちいいの。お義母さん、俺は義母さんが好きなんだ。ずっと抱きたかったんだ。

 アアン、私も貴方としたかった…美緒と呼んで…アンアンアン。オナニーの手伝いを頼んだだけなのにsex出来たぜ。騎乗位、バックと体位を変え義母を何度も逝かせた。

 ハアハア、美緒、逝きそうだ。アンアン隆さん、もう駄目いっちゃうもう来て、ああ…何処に出したらいい?中に…オマンコの中に出して…俺は速く腰を動かしマンコ奥深くにザーメンを流し込んだ。

 俺も久しぶりなので凄い量のザーメンで美緒のマンコを汚してやった。俺は義母を支配した。義母は明美に悪いと言いながらオマンコを濡らし俺に抱かれている。もう終わりにしましょうとか言って毎回中に出して美緒は絶叫している。



↓他のHな体験談を見る