偶然会った税理士さんにおねだり

 主人と共に、会社関係の方のお嬢様の結婚式に行ってきました。親族でもないので、知らない方ばかりです。結婚式場は、大阪市内の川のほとりの大きなホテル。

 披露宴が終わると「先に帰っていいよ」と旦那から言われて、披露宴会場を後にしてホテルの前にあるタクシー乗り場に向かおうとしました。お化粧を直して、ロビーに向かいました。



【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

「あれっ、奥さんも結婚式ですか?」「ええ、そうなんです。」「今からお帰りですか?」「はい、主人から先に帰れと言われて」「じゃあ、僕の車で送りますよ」いつもお世話になっている税理士のKさん。

 自宅は同じ、郊外にあって車に乗せてもらうことにした。雨も降っているし、結婚式の引き出物が二人分もあるので助かりました。「ちょっと、お茶でも買ってきます」そういって彼は、レクサスを止めました。
私は対岸に、ホテルが並んでいるのを見ていました。

 深夜のテレビで、AV女優がHなことをしている番組で使われていたホテルもあります。「ねぇ、あそこにあるホテル、中はどんなになっているのかしら」「若いカップルが楽しむところですよ」「こんなおばさんじゃぁ、ダメかしら?」「ええっ、そんな・・」

 阪神高速道路に入らず、そのホテルに入りました。中を見たいから?・・いいえ、したいから。結婚式のために来ていたフォーマルドレスを脱ぎました。上から下まですべて黒に統一して、スリップのままベッドに入りました。

 ワイシャツを脱いだ彼とは一度、経験があるのです。昔、急ぎの書類をおねがいして、朝「できましたよ」と事務所から電話をもらって、お礼にサンドイッチを持って行ったんです。彼しかいない事務所で、コーヒーを淹れてカップに注いであげました。

 その時です、彼に後ろから抱かれたんです。キスをされて、来客用のソファーに倒れこみました。「いけないわ」「好きです、奥さん、僕の好きなようにさせてください」すでに、朝日が高くのぼり窓から日差しが差し込んでいました。

「こんなこと、いけないわ」そう言いながら、私は彼が抱きやすいように姿勢を変えていました。リクライニング式のソファはベッドにもなるタイプで、彼がブラウスを脱がせにかかると、私はスカートのホックを外していました。

 バストを中心に口唇で愛撫されて、私のあそこも十分濡れていました。彼の下半身も固くなっているのがわかりました。彼の硬直しているものを握り、先端から透明な液体がにじみだしているのをみて、思わず口に含みました。

 そのころ、主人とはあまりセックスをしていませんでした。固い太い彼のものがほしくて、「入れて、オネガイ」とせがみました。ショーツを脱がせる彼に協力して、腰を浮かせぎみにしてショーツを脱がされました。

「そう、そんな風に、あなたのを入れて」「入ったわ、いいわ、好きにして」彼が腰を動かし、私に向かってきます。途中で乳房を彼にぎゅっと掴まれて、口づけされて、もう罪の意識よりも、官能の喜びを求める雌になっていました。

 こんな、素敵なものが毎日ほしい、そう思いながら彼と動きを合わせてのぼりつめていきました。「アアー、イイワ、ステキ」「奥さん、本当にいいんですか」「気にしないで、つづけて、アアーン」彼は一度目はすぐに行ってしまいました。

バイブで末性感帯を開発して彼女を虜に

 ショーツをはいた後、彼とサンドイッチを食べました。楽しみはそのあとです、2時間近くも抱き合い、彼の射精を膣の中で感じながら、官能の喜びに喜悦の声をあげながら、私も逝ってしまったのです。


 そのあと、すぐに生理があって何事もなく月日が経ちました。結婚式の後、新郎新婦が初夜を過ごす前に、私たちは熟年のカップルとして結ばれて楽しんでいたのです。フォーマルな洋服の下には、黒に統一したスリップやショーツ、ガーターストッキングも彼には気に入ってもらえたようです。



↓他のHな体験談を見る