病院の死角場を発見

 昨年の秋ごろのことです、俺はバイク事故で骨折して1ヶ月ほど病院に入院してました。手術が終わり抜糸が済むと「松葉杖を使って動いてもいい」と許可をもらいました「リハビリがてらに病院内を歩いてみるか」と病室を出ました。

 エレベーターの前を通過する時に、文字盤を見たら「R」の文字が「屋上があるのか、天気ももいいし久しぶりに外の空気でも」と思ってエレベーターで屋上に行きました。



【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 ドアが開くと段ボール箱などが積み上げてあってなんとかその間を縫って外に出られるような状況、外に出てもベンチ1つない。よくドラマとかにあるような屋上を想像してて、花壇やベンチとかもあり入院患者の憩いの場になっているものだと思ってた。

 転落防止のフェンスがあるだけで、あとはなにもない殺風景の場所だった。もちろん誰1人いない。これはタバコを吸うのにもってこいだな、と思って一旦病室に戻り事故の時に持ってたショルダーバックからタバコと携帯吸い殻入れを取りだして、入院着のポケットに忍ばせて再度屋上に上がった。

 誰もいない屋上で、1人タバコを吸いながら周りを見渡すと何やら白いものが落ちていた。紙のようなものではなく布みたいなもの「何だろう」とそばに行くと、ここの病院のナースが穿いている純白のパンストでした。

 雨に濡れた様子もないし、昨日か今日ここで誰かが脱ぎ捨てたかどこかからか風で飛んできたのだと思った。「エロいもの落ちてるな、でもなんでこんなところに」と思って拾い上げると、パンストから何かが落ちた、落ちたものを見るとそれは使用済のコンドームだった。

 さらに手に持ったパンストを見ると股間には穴が開けられていた。誰かがここでナースとセックスした、しかもこの清楚な純白のパンストを穿かせたままで、そう考える以外に説明が付かない。

 相手はここの患者だろうか、それとも医者?、それにしても本物のナースと着衣のままなんてうらやましい。俺はパンストを持ったまま下の階に下りてトイレに入った。

 純白のパンストはつま先が黒く汚れてたので、勤務後に屋上で誰かと会ってセックスしたのだろう、俺はチンポを取り出してパンストをかぶせてオナニーした、事故以来オナニーはご無沙汰。だったこともあり純白のパンストに白濁液がたっぷり出た。



↓他のHな体験談を見る