★旅行先で妻が童貞君を卒業させた

 2人共51歳の夫婦です。銀婚式のお祝いに、息子から旅行をプレゼントされ、一拍二日のツアー旅行に行ってきました。意外と多かったのは、1人旅の大学生。その中でも、バイト代を貯めて時々ツアー旅行をしている、大学2年の男性と仲良くなりました。

 息子よりも3歳年下の20歳ですが、好感のもてる青年でした。ちょっと気になっていたのは妻を見るときの視線ですが、50過ぎのオバサンなので、性的な視線では無いと思っていました。




 妻もスカートを見られている視線には気づいていたようですが、何だか学生さんが可愛くなり、一緒に行動するようにしました。せっかくの旅行なので、妻も思い切ってミニまでは出来ませんが、短めのタイトスカート姿。

 フロントにファスナーが付いているので、全部開ければスリットがミニ丈くらいまで開きます。さすがに全部は開けませんが、タイトスカートなので、少し開けただけでも、スリットは左右に大きく開きます。

 20歳の学生さんが母親程の50過ぎの女性に興味など無いと思っていたのですが、現実は、女性として見る部分もあるようです。妻は妻で、自分の息子よりも年下の学生さんに興味が湧いたようです。

 私は気付いていたのですが、妻も学生さんがモッコリしているのに気付いていたからです。お互い他人だと、親子ほどの年齢差は、全く気にならないと言うことが分かりました。

 話しを聞くと、彼女はいないようなので、銀婚式のお祝いの旅行ですが、私は妻と学生さんから、少し下がって行動するようにしました。途中、妻と学生さんがどんな会話をしていたのか聞こえませんでしたが、旅館に着くと妻が「あなた、だいぶ前に変なこと頼んできたじゃない。」

 私は妻とのセックス中に、何度か他人とのセックスを頼んでみたことがありますが、軽く聞き流されていたので、完全に忘れていました。すると妻は「あの子に頼まれたんだけど、どう思う?」と言って、簡単に経緯を話しました。

 学生さんは童貞らしいのですが、妻が彼女が出来るまで大事にするように言ったところ、迷惑でなければ、童貞を貰ってくださいと御願いされたそうです。私が一緒に居ることと、年齢差があり過ぎることも話したそうですが、出来れば慣れている女性に最初は御願いしたいと言うことでした。

 妻も学生さんの表情を見て、真面目に頼んでいることが分かったので、何とかしてみるけど、私と別行動の時間は、短時間しか取れないと言ったそうです。

 私はスケベ心と言うよりは、学生さんに最初の経験は、いい経験だったと思えるように、妻に任せてみました。夜10時頃、妻が「もう一度お風呂に入ってくる。お風呂だから。」「もう一度、髪も洗ってこようかな。」と言って部屋を出ました。

 11時過ぎ、妻が帰ってきました。私は「どうだった、学生さん上手く出来たか?」と聞くと、妻は「すぐ出たけど、2回。」と言って、裸になり「あなた、入れて。」と言って抱きついてきました。

 すでに開いている妻の割れ目は光っていて、学生さんの御願い事を聞いてあげた証拠も、指を入れると、白っぽい液体として出てきました。とりあえず私は妻を抱き、いつもと変わらぬセックスをすると、妻の膣内へ、いつものように射精しました。

 妻は感じている最中に学生さんが射精してしまったので、いくことが出来なかったそうです。私とのセックス後、妻は学生さんの童貞を自分が貰ってしまったことが良かったのか、ちょっと考えていたようです。

 学生さんは初体験が避妊具なしで、しかも膣内に直接射精出来たことを、感謝していたようなので、私は、妻が童貞を貰ってあげて良かったのではないかと思いました。記念に残る旅行でした。



↓他のHな体験談を見る